元開発者が作ったパチンコ・スロットのまとめサイト

裏パチ速報


まとめ

木下優樹菜「インスタ縦読み不倫」でも証拠になるか?弁護士に聞いた

投稿日:

 タレントの木下優樹菜さんが7月6日に芸能界引退を発表しました。自身の姉が働いていたタピオカ店とのトラブルなどが原因で2019年11月から活動自粛していた彼女。
 一度は芸能界復帰を発表したものの、わずか5日後の引退発表。その原因のひとつは、元サッカー日本代表・乾貴士選手との不倫疑惑にあると報じられています。
 しかし、木下さんと乾選手の不倫は決定的な証拠があるわけではありません。こういったケースは、不倫として認められるのでしょうか? 法律事務所アルシエンの清水陽平弁護士に見解を聞きました。
縦読みメッセージは不倫の証拠になる?
 2019年7月、木下さんは自身のインタグラムで、縦読みすると「たかしあいしている」と読める内容を投稿。後日、乾選手側にも縦読みで「ゆきなだいすき」と読める投稿が発見されたことで、ネット上で不倫疑惑が急浮上します。しかし、清水弁護士は「法的に不倫の証拠にはなり得ない」といいます。
「不倫、すなわち不貞行為とは、配偶者のある者が配偶者以外の者と性的関係を持つことです。今回の縦読み投稿は、あくまでそれをうかがわせる余地があるという程度のもので、これだけでは不倫の証拠にはなりません」(清水弁護士、以下同)
 SNSなどでは2人の不倫は確実視されている向きもあります。しかし、法律で争うようなケースかというと異なるようです。
「不倫慰謝料の請求や、離婚時の裁判・交渉では『そうかもしれない』程度のものは立証できたという扱いにならないため、最終的に不貞が認められることはありません。もっとも、不貞をうかがわせる資料があれば、交渉上、有利に進めることができる余地はあります」
SNSで不倫の証拠になるケースは?
 では、SNS投稿で不倫の証拠として採用されるケースは?
「性行為をしたことについて直接的に言及しているやりとりや、性行為を前提にしている内容。または性行為自体を撮影している写真や動画が証拠になります。法的には不貞行為が問題になるのであり、性行為の存在が確認できないものについては、親密さがうかがえるものであっても不貞行為を認定するための証拠にならないと考えてよいです」
 インスタグラムの縦読みで「あいしてる」や「だいすき」。これだけで不貞行為を確定するのは難しいでしょう。
性行為が明らかでも証拠にならないことも
 しかし、「性行為の証拠がある=不貞行為として立証できる」かというと、必ずしもそうではないようです。
「夫婦関係が破綻していたという客観的事情があれば、たとえ性行為があったと確認できても、不貞行為とは認定されない可能性があります。ただし、たとえば配偶者と数年間、別居しているといった事情が必要になります」
 また、この他にも不貞行為として認められないケースがあります。
「極めて稀なケースではありますが、配偶者があえて不貞行為をするように仕向けているようなケースは、不貞行為と認められないこともあります。また、不倫された妻が、愛人宅に侵入して監視カメラを設置して不貞行為の証拠を集めたような場合は、住居侵入罪を犯して他人のプライベートまで含めて撮影していることになるため、“違法収集証拠”として証拠から除外される可能性があります」
スマホのロック解除、SNSの不正アクセスは?
 他方で、自発的な情報収集でも、不倫の証拠として認められることもあります。
「会話を録音するような機器を夫の持ち物に忍ばせて得た証拠であれば、違法収集証拠とはいえません。また、配偶者やその愛人のスマホのロック解除や、SNSの不正アクセスは違法性の程度が低いため、それによって得た証拠が排除されることはほぼないでしょう。民事において、違法収集証拠として排除されるのは“極めて限定的な場合”なのです」
 備えあれば憂いなしです。いざという時のために適切な対処法を知っておくことは、損にならないでしょう。

https://bizspa.jp/post-333081/

やっぱり乾選手の話がでてくるんだよな…。

-まとめ
-, , ,

Copyright© 裏パチ速報 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.