元開発者が作ったパチンコ・スロットのまとめサイト

裏パチ速報


まとめ

パチンコ店、1年間で421店舗が減少したらしい…。

投稿日:

パチンコ店、1年で400店以上減少:19年末で9639店 今年はコロナ禍の影響も

新型コロナウイルスの感染拡大で、各自治体から休業を要請される“逆風”を受けたパチンコ店。娯楽の多様化に伴い、店数は減少傾向にある。



警視庁によると、2019年末現在のパチンコ店許可営業所数は、前年比421店減の9639店となり、1万店を割り込んだ。パチンコ遊技機の台数も前年より7万9464台少ない255万7845台となった。

パチンコ店は、ピークの1990年代には全国で約1万7000店が営業していた。その後は娯楽の多様化や出玉規制などにより、パチンコ店数、遊技人口ともに減少傾向にあるとされる。

パチンコ店の規模別の増減をみると、遊技機が100台以下の店は前年から9店増えて219店となった。しかし、2015年と比べると43店減っている。逆に1001台以上の店は前年比26店増の346店。15年比でも68店増えており、大型店化の傾向もみられる。


パチンコ遊技機、回胴式遊技機(いわゆるスロットマシン)などを含めた1店あたりの備付台数をみても、15年が405.0台、18年が427.7台、19年が435.3台と増加傾向にある。

一方、東京商工リサーチの調査によると、2020年5月の「パチンコホール」の倒産は2件(前年同月比100%増)だった。20年1~5月の累計では12件となり、前年同期の6件から倍増した。この12件のうち、新型コロナウイルス関連の倒産は3件だったという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/bc243660793e00bf7444b8f95dd44a5674c42b35

昔ながらの店ってあまり見かけなくなってきたね…。寂しい…。

-まとめ

Copyright© 裏パチ速報 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.