元開発者が作ったパチンコ・スロットのまとめサイト

裏パチ速報


まとめ

欅坂が5年間の歴史に幕 グループ名新たに再出発へ

投稿日:

欅坂46が16日、初の無観客・完全生配信ライブを行い、5年間の歴史に幕を下ろし、改名して再出発することを発表した。10月に欅坂46としてのラストライブを行う。今年1月に象徴的存在だった平手友梨奈(19)が脱退して半年。節目を迎えたタイミングで、大きな決断を下した。
ライブ終盤、「ガラスを割れ!」を歌い終えると、キャプテン菅井友香(24)が「ここで、私たちから皆さまにお伝えしたいことがあります。私たち欅坂46は、この5年間の歴史に幕を閉じます。そして欅坂46とは前向きなお別れをします。10月に予定している欅坂としてのラストライブにて、活動に区切りをつけさせていただきます。そして新しいグループ名となり、生まれ変わります」と切り出した。
菅井は「もちろんこの決断をすぐ受け入れられるメンバーだけではありませんでした。私たち自身も欅坂46に対する思い入れが強いですし、半端な気持ちで続けさせていただいたわけではありません。私自身も大好きな欅坂46をずっとずっと守り続けていけたらと思って活動してきました。でもこのグループとして、もっともっと強くなっていくための決断だと、今日までスタッフさんやメンバーのみんなと話し合った結果、今は前を向いています」と経緯を説明した。
「欅坂46だからこそかなえられた夢がたくさんありました。今ここにいないメンバーを含めて、みんなでかなえられたこと、応援してくださっている皆さんがいたからこそ、かなえられたことがたくさんあります。心強いメンバーやスタッフの皆さん、すてきな楽曲、クリエーターチームの皆様、数え切れないくらいのファンの皆さんと出会えたことは本当に誇りです。本当に今まで、欅坂46に出会ってくださって、欅坂46を好きになってくださって、欅坂46を支えてくださって、本当にありがとうございました」と涙ながらに話した。
そして「たくさん楽しい思い出もあった中で、正直悔しい思いもたくさんしてきました。なかなかこの2年は特に出口の見えないトンネルもさまよっていたような状態だったと思います。予測できないことがたくさん起きて、思うように活動できない日もありました。応援してくださっている皆さまの期待にも応えられていないのではないかと思う日もありました。メンバーの卒業、脱退も続きました。グループの名前が独り歩きして、耳をふさぎたくなるようなことに悩まされた日もありました」とさまざまな葛藤があったことを明かした。
「でも、欅坂46を好きだと思えば思うほど、苦しくなり、もっとこうしなければと考えるほど執着も生まれたと思います。今、グループとして強くなるために、新しく入ってきてくれた新2期生、そして1期生の28人でここから新しなスタートを切り、もう一度皆様とたくさんの夢をかなえていけるように頑張っていきたいと思います」と決意を語り「ここから強くなるために、今まで大切にしてきたものを一度手放すことで、空いたスペースには、本当に大事なものでまた満たされるのではないかと思います。ここからのリスタートなので、相当ないばらの道が待っていると思います。でもまだ色のない真っ白なグループを、皆様と一緒に染めていけたらと思っています。欅坂46として培った経験がきっと私たちを鍛えてくれています。この経験を信じて、また新たに強いグループになることを約束いたします。ですので、これからも私たちに期待していてください。これからも私たちの応援、よろしくお願いします」と、約6分にわたって話した。
最後は、欅坂46名義でのラストシングル「誰がその鐘を鳴らすのか?」を初披露した。同曲は、結成5年記念日となる8月21日に、配信限定でリリースする。
欅坂46は15年8月に結成。16年4月にシングル「サイレントマジョリティー」でデビューを果たした。発売初週で26・2万枚(オリコン調べ)を売り上げるスマッシュヒットとなり、女性アーティストのデビューシングル最高記録(当時)を更新した。メッセージ性の強い楽曲と、クールな世界観のパフォーマンスが話題となり、デビュー1年目からNHK紅白歌合戦に出場するなどブレーク。アイドルファンにとどまらず、さまざまなアーティストからの幅広い支持を得てきた。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202007160000787.html

-まとめ
-, , ,

Copyright© 裏パチ速報 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.