元開発者が作ったパチンコ・スロットのまとめサイト

裏パチ速報


まとめ

阿炎、2度も「夜の店」 “暴力インスタ”にSNS研修中「爆睡」、不謹慎男がまた…

投稿日:

 新型コロナウイルス感染防止のための外出自粛要請に反して会食に出かけたことが発覚し、7月場所の7日目から途中休場した東前頭5枚目阿炎(あび、26)が、会食場所は接待を伴う「夜の店」で、場所前と場所中の2度訪れていたことが26日、分かった。日本相撲協会の芝田山広報部長(57)=元横綱大乃国=が明らかにした。阿炎は抗原検査を2日続けて受け、ともに陰性だったが、自覚を欠いた軽率な行動により事態は深刻化する。

 外出して複数人と会食していた阿炎の訪問先が、新型コロナウイルス感染の可能性が高いとされる「夜の店」であることが判明した。協会の芝田山部長が、ともに接待を伴う飲食店であることを明らかにした。

 「それが一番(よくない)。小池東京都知事がいう『夜の店』。不特定多数を接待することによって感染することがある。スナックなのかラウンジなのかキャバクラなのか分からないが、夜の店」

 それも1度ではなく、場所前と場所中の2度訪れたという。協会は2週間分の詳細な行動確認記録の提出を求めている。

 阿炎は前日25日とこの日の2度、抗原検査を受けてともに陰性だった。前日は37・6度の発熱があったが、PCR検査は必要ないという。阿炎と同じ錣山部屋の力士や対戦した力士は7月場所開催へ向けて作成されたガイドライン通りに感染予防を行っており、出場に問題はないと判断された。

 阿炎は7日目(25日)の幕内土俵入りに姿を見せず、突然の休場が発表された。NHKの大相撲中継でゲスト解説を務めた師匠の錣山親方(57)=元関脇寺尾=が、放送中に「数人のお客さまと会食に出たので、休場させました」と説明し、問題行動が表面化。感染の可能性を考慮し、師匠の判断で強制的に休場となった。

 協会は3月の春場所前から不要不急の外出自粛を各部屋へ通達。7月場所も協会員に対し、場所入り以外の外出を原則的に禁止している。協会員が一丸となって我慢を強いられる中、軽率な行動に波紋が広がる。阿炎が感染している可能性は低くなったが、錣山親方は協会に対して「今場所は出場させない」と“謹慎”させる意向を伝え、「(阿炎は)反省している」とした。

 芝田山部長は場所後の定例理事会に関し「議題に挙がる事案。報告されるのは間違いない」とし、「情状酌量の余地はない」と断じた。懲戒処分の対象となる可能性も浮上する。

 阿炎はかつて、自身のインスタグラムに不謹慎な投稿をするなどして厳重注意を受けた。だが、今回は罪深い。通常の名古屋開催から東京に移し、半年ぶりに観客を入れて開催した7月場所。その東京ではこの日、239人の感染者が報告され、6日連続で200人を超えた。収束が見えない中、対戦した力士を「濃厚接触者」にしてしまう危険もあった行動の代償は大きい。

https://www.sanspo.com/sports/news/20200727/sum20072705050003-n1.html

-まとめ

Copyright© 裏パチ速報 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.