元開発者が作ったパチンコ・スロットのまとめサイト

裏パチ速報


まとめ

石田純一「法的手段も考えている」の裏側にある理子夫人への鬱積

投稿日:

城下尊之【芸能界ぶっちゃけトーク】  石田純一(66)が大変だ。4月に新型コロナウイルスの肺炎で入院し、治療を受けて退院した。その石田が7月に福岡へ行き、スポンサーの人たちとゴルフや十数人が参加した宴会に興じていたと報じられた。

 週刊誌の記事では「合コン」という言葉も使われているが、本人は完全否定。自身がレギュラー出演しているラジオで、「ハメられたみたい。法的手段も考えている」と発言して波紋が拡大している。  この時期に地方に行って連夜の宴会はいかがなものかという意見に対し、石田は「スポンサーから呼ばれれば行くし、ゴルフに誘われたら付き合う」と肯定。さらに、「宴会や合コンではなく、“静かな食事会”で、女性もいたが、自分とは関係ない」という主張だった。  スポンサー接待は仕事に直結するものだから、最大限、誠意を尽くすのは分かる。しかし、大勢が集まることは今、必要だろうか。6月にも泥酔報道があった石田であれば、スポンサーも気を使うはずで、「2、3人の小規模な食事会にしましょう」と言うことも可能だったろう。むしろ、この時期だからこそ、その断り方が通用するはずだし、もっと言えば、いわゆるリモートでのコミュニケーションもできたはずだ。  いろいろ言葉を並べているが、結局、石田の本音は「家にあまりいたくない」「帰りたくない」という、中年のお父さんによくありがちな状態に近い部分があると推察する。理子夫人が反対する中、沖縄に行ってコロナを発症した。退院した後に夫婦間で話し合いが行われたそうだが、夫人としては(感染を)心配しただろうし、その裏返しで「それ、見たことか」というキツい言葉もあったそうだ。「離婚」という禁忌ワードも使われたらしい。  まぁ、そうなると、男というものは「女房に頭が上がらない」状態になってしまう。家でおとなしくしていても息苦しいばかりで、そんな時にスポンサー筋から声がかかれば、二つ返事で誘いに乗ってしまうだろう。スポンサーも逆に「わざわざ足を運んでくれた」となれば、接待を考えてしまう流れになる。  石田は昔から誰にでも、また敵対するマスコミにすらサービス精神が旺盛で、その一部分だけが取り上げられることがある。今回の「法的手段」にしても本人から言い出したわけではなく、リスナーからメールで「正当性を訴えるべきだ」と水を向けられたから言っているだけ。週刊誌報道に怒っているふうに見せているのは、実は理子夫人に対するアピールなのだというのが分かる。

https://news.yahoo.co.jp/articles/92e061c7ce02c189b3c6dfbb1db4f66b95851cee

-まとめ

Copyright© 裏パチ速報 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.