元開発者が作ったパチンコ・スロットのまとめサイト

裏パチ速報


まとめ

ただでは転ばぬDaiGo 差別発言謝罪も…自身の“更生”を順次配信の新展開

投稿日:

 社会的弱者に対する差別発言で大炎上中のメンタリストDaiGoが13日夜、ユーチューブで生配信を行った。

 DaiGoは7日、自身のユーチューブチャンネルで行った生配信で「生活保護の人たちを食わせる金があるんだったら猫を救ってほしい」「ホームレスの命はどうでもいい」などと発言。12日夜に更新した動画でも「炎上してるみたいですね。『辛口なんで真に受けないで』って言ったんですけど、真に受けてる人いるみたいですね」などと〝挑発〟していた。

 そんななか、DaiGoは「【謝罪】間違ったことを言ったので謝罪します【今後の展開について】」と題したこの日の配信で、冒頭「この度は申し訳ありませんでした」と軽く謝罪。発言の経緯については「僕が質疑応答をやっていて質問に答える文脈の中で、猫がものすごい好きなんで『猫の命のほうが人の命より大事だから』みたいな話をしたくだりがあったんですよ。その時に、そこまで言う必要なかったんですけど、『ホームレスとか生活保護の人とかにお金を使うのおかしいよね、僕は猫好きだしね』っていうことを言ったんです」と振り返った。

 続けて「ホームレスや生活保護の人には働きたくても働けないっていう人がいる。今は働けないけども、社会復帰を目指して頑張ってる人とか、そういう人を支援してる人もいる。僕は保護猫を飼ってるのと同じ感覚で助けたいと思ってる人、またそこから抜け出したいと思っている人に対して、さすがにあのいい方は良くなかった。差別的であるし。これは反省だな、というので謝罪させていただきます。大変申し訳ございませんでした」と再び頭を下げた。

 今後については「ただ謝るだけって言うのも、『謝ったらすむのか』ってご批判ももっともだと思う」とした上で、すでに生活困窮者を支援している人物とアポイントをとっていることを告白。「本とか論文で知れない無知が招いた失態と反省したので、ちゃんと勉強しようと思う」と話し、今後は支援者のもとで取材を行いユーチューブ等で報告すると明かした。

 約15分の配信で「反省」という言葉を連呼。動画の広告費と投げ銭は「慈善団体に寄付する」とした。コメント欄には「頑張ってください」「応援してます」といった声から「ちゃんと謝れ」「確信犯」「嘘がうまい」「結局宣伝か」など懐疑的な意見まで広く集まった。

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3521218/

-まとめ

Copyright© 裏パチ速報 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.