元開発者が作ったパチンコ・スロットのまとめサイト

裏パチ速報


まとめ

上沼恵美子がカンテレに〝ブチ切れ辞表〟「快傑えみちゃんねる」終了で関西の女帝に忍び寄る危険な足音

投稿日:

〝関西お笑い界の女帝〟の周辺で何が起きているのか――。関西テレビは21日、タレントの上沼恵美子(65)がMCを務めるバラエティー番組「快傑えみちゃんねる」(金曜午後7時)を、24日の放送をもって終了すると発表した。25年間、関西のお茶の間に笑いを提供してきた長寿番組の突然の打ち切り発表。その裏には〝あの騒動〟後の上沼の激怒があったという。さらに、同局の決断が、盤石だった女帝の足元をグラつかせることにもなりかねない。
 上沼は番組終了にあたり、同局を通じ「25年という長きにわたって『快傑えみちゃんねる』を1000回を超えて続けることができたのは、支えてくださった視聴者の皆さまのおかげです。本当にありがとうございました」と感謝のコメントを発表した。
 同局も「『快傑――』は今年7月に25周年を迎えました。関西テレビでは番組として一定の役割を果たすことができたと考え、終了いたします。『快傑――』を長きにわたり応援してくださった視聴者の皆さま、これまでご出演いただいた皆さまのご尽力に心から感謝いたします」となどと発表した。
 同番組をめぐっては先月26日の放送で、レギュラー出演していたお笑いコンビ「キングコング」梶原雄太(39)に対し、上沼が〝オンエア不能〟となるほどの批判を浴びせたことが女性誌に報じられ、「パワハラか?」と大騒動になったのは本紙既報通り。
 批判の背景には、同番組の構成作家を務める上沼の次男の〝告げ口〟があったとされる。梶原はその後、「急性胃腸炎」を理由に同番組を降板。同じくレギュラー出演していたABCラジオ「上沼恵美子のこころ晴天」も降板した。
 同局は騒動と番組打ち切りの関連について「特に関係はございません」と否定。改編期にも当たらないこの時期に突然、貢献度の高い長寿番組の終了を発表したことについても「従来はスタジオ観覧を募集してお客様を入れていたが、コロナ禍で無観客となり、ゲストの方も呼べない。局内でもエンターテインメントのトークショーとして成立しないのではないかとの意見があった。関西テレビの判断で上沼さんに終了の意向を伝えた」と説明した。
 だが、タイミングがタイミングだけに、在阪芸能関係者の誰もが「関係ないわけがない」と口を揃える。いったい何があったのか?
 事情を知る芸能関係者は「梶原との騒動があったが、梶原の所属事務所の吉本興業は丸く収めた。そんな吉本への配慮もあって、カンテレは上沼に『今後もこういうことがたびたびあったら困ります』というようなことをやんわりと伝えたところ、上沼は一方的に『それなら辞める!』と激怒したそうだ。カンテレは慰留したようだが、上沼の怒りは収まらず、突然の番組終了劇となった」と舞台裏を明かす。
 上沼は現在、カンテレのほかに3本の在阪レギュラーを抱えているが、影響はないのか。
 別の芸能関係者は「歯に衣着せぬトークが人気の上沼だが、最近は昔の大女優のようになっていて、まったく聞く耳を持たない。マネジャーとも何度も『辞める』とケンカになっていたそうで、苦言を呈することのできる人間もいない。もともとダンナが勤めていた局の番組をケンカ別れのような形で降りたことを他局はどう見るのか。今後、上沼に何か意見をしようものなら、同じように『辞める』と言われるかもしれない」と話す。
 上沼から〝辞表〟を突きつけられた形のカンテレだが、在阪テレビ関係者からは「コロナ禍でカンテレも財政が楽とはいえない。経費削減の一環でタレントのギャラも見直す中で、関西のローカルタレントとしてはトップの上沼のギャラが削減できるメリットもある。当然、カンテレ側からはギャラの引き下げも言えなかっただろうしね」との声も聞かれる。
 財政難は同局だけではない。他の在阪局も上沼と〝何か〟が起きたとき、右へならえ!とばかりに、上沼の番組打ち切りに動く可能性はある。〝女帝〟も今回の打ち切り劇でその地位が危うくなるかもしれない。

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2001117/

-まとめ
-, ,

Copyright© 裏パチ速報 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.