元開発者が作ったパチンコ・スロットのまとめサイト

裏パチ速報


まとめ

安倍昭恵氏がハマる謎の金属玉「アソコを刺激するとたちまちよくなる」

投稿日:

 やはり加計問題より家庭問題だ。共謀罪の強行採決や学校法人「加計学園」をめぐる一連の疑惑で支持率急落中の安倍晋三首相(62)だが、本当に頭を悩ませているのは「アッキー」こと昭恵夫人(55)の奔放な振るまいだ。かねてスピリチュアルに傾倒していると報じられているが、最近は謎の金属玉にハマり「これでアソコを刺激すると体が良くなる」と喧伝。さらに「陰謀論の大御所」と呼ばれる男性にもコンタクト。いよいよもって安倍家はヤバイ状況に――。

 国会閉会間際に共謀罪を成立させ、集中砲火を浴びた加計学園問題ではまんまと閉会で逃げ切りを図った安倍首相。野党は閉会中審議を要求しているが、当然のことながら応じるはずがない。

 直近の報道各社の世論調査で内閣支持率は一部では36%という衝撃的な数字も。与党内では「ここまで落ちるとは思っていなかった」と警戒する声が出ているが、当の安倍首相はそれより切迫した問題を抱えている。

「昭恵夫人ですよ。かねて仮面夫婦説が叫ばれていましたが、いよいよヤバイという話です」

 そう声を潜めて話すのは政界関係者だ。森友学園問題は昭恵夫人の“善意”が発端になった感が強く、騒動の渦中でも同学園・籠池泰典前理事長夫人に「祈ります」とメールを送るなど、脇の甘さも目立った。野党からは夫人の参考人招致または証人喚問を求める声も上ったが、与党は拒否を続けている。

 21日には籠池前理事長が昭恵夫人を通じて首相から寄付されたと主張する100万円を返却するため、夫人が経営する東京・神田の居酒屋を訪れたが、従業員に断られた。安倍夫妻は寄付そのものを否定している。

 その昭恵夫人はスピリチュアルにも傾倒。過去には水を使って情報を伝達する「セラミックボール」なる高額飲料水を購入したり、地方在住の霊能力者に会いに行くなど、ファーストレディーらしからぬ振る舞いで物議を醸した。

「最近では謎の金属玉にハマっているそうです。金属玉の製作者は『夢に設計図が出てきた。作ってみたら不思議なパワーを持っていた』と(笑い)。それを彼女は信じて『これで体のアソコとアソコを刺激すると、たちどころに良くなる』と周囲に真顔で説明していたそうです」(同)

 このほか「人工地震兵器」や「裏天皇」「人工頭脳による人間支配」などの陰謀論でおなじみ、元フォーブス誌アジア太平洋支局長のジャーナリスト、ベンジャミン・フルフォード(古歩道・ベンジャミン)氏にも興味津々でコンタクトを図っているという。

 別の政界関係者は「今月上旬、週刊誌で大麻人脈につながるスピリチュアル熟女Tさんとの“ただならぬ関係”が報じられました。さすがにこれは看過できないと、安倍家とその親族は対策会議を開いたとか。そこでは離婚を勧める声も出たようですが、安倍首相は明言を避けたといわれています」と話す。

 つい先日は、親族総出の食事会が都内で開かれ、昭恵夫人も駆け付けたというが…。

「そこでは昭恵夫人への“生活指導”は行われなかったそうです。ただ、彼女が安倍家の中で孤立しているのは間違いありません」(同)

 森友騒動以降、昭恵夫人は鳴りを潜めているように見えるが、知人のフェイスブックなどには「いいね!」をクリックしている。

 前出政界関係者は「安倍首相にしてみれば、加計問題より家庭問題の方が厄介。『ゴッドマザー』と呼ばれる母・洋子さんも、一時は昭恵夫人を叱りつけていましたが、最近は諦めたのか、会話すらしなくなったそうです」と語る。

 政界では数々の難局を乗り越えてきた安倍氏だが、さすがに夫人の手がつけられない暴走で、いよいよお手上げかもしれない。

https://www.tokyo-sports.co.jp/social/700553/

-まとめ

Copyright© 裏パチ速報 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.