元開発者が作ったパチンコ・スロットのまとめサイト

裏パチ速報


解説付き

【画像】進次郎さんが、やらかしてしまった事により、IRだけでなく、パチンコ業界もやばい…。

更新日:

小泉進次郎環境相(38)の資金管理団体「泉進会」および、小泉氏が代表をつとめる「自由民主党神奈川県第11選挙区支部」から4300万円以上の政治資金が、実態のない“幽霊会社”に支出されていることが「週刊文春」の取材でわかった。税金を原資とする政党交付金も支出されており、小泉環境相の説明が求められそうだ。
「泉進会」と「第11選挙区支部」の政治資金収支報告書を「週刊文春」が調査したところ、両団体からエムズクリエ(以下エムズ社)に対し、 2012年から2018年までで ポスター代や印刷代などの名目として約4300万円が支出されていた。
小泉氏のポスターに〈印刷者〉として記載されているエムズ社の住所は、千葉県野田市。「週刊文春」取材班がこの住所を訪れると、そこには一軒家が建っていた。エムズ社の表札などはなく、世帯主としてM氏の名前が掲げられているだけ。周辺にも印刷工場はなかった。地方法務局に問い合わせたが、エムズ社の法人登記はされていなかった。
M氏の知人によると、「M氏は長年B社という老舗の印刷会社に勤める営業マン。永田町担当でしたが、すでに退職している」という。
 B社の社長が取材に応じ、次のように答えた、
「元々ウチは純一郎さんの代から小泉事務所と取引していました。そのときからMは小泉事務所の担当でした。エムズ社の名前は聞いたことはないが、そもそもBは営業担当だからポスターのデザインや製作なんてできない」
 さらに、続けてB社の社長は「個人で請け負っている割には受注額が高すぎるように感じる」と指摘する。たとえば2017年の衆院選における支出。「選挙運動用ポスター印刷」1200枚分としてその代金116万円が計上されている。
「ポスター1200枚であればせいぜい30~40万円が相場です。腕のいいデザイナーを使って高く見積もっても70~80万円。なぜ小泉事務所は幽霊会社にわざわざ相場より高い値段で発注しているのか。もしかしたら、発注額のうち何割かをキックバックされている可能性もあるのでは」

https://bunshun.jp/articles/-/22184

これで、野党は確実に、バカみたいな揚げ足取りに走るよね…。与党もそれに答えないといけないから、IRの審議が進まない…。
挙句の果てには、IR反対法案なんかの提出も考えているっていうし…。
ま、話題的には進次郎氏を挙げたけど、秋元議員が諸悪の根源だね。ただ、数百万で手をうっているとは考えにくい…。裏ではもっと大きな金が動いているのは確か。尻尾を見せてしまったから、これは突っ込まずにはいられないんだろうけど、IRを一刻も早く進める為には、これらの問題は一旦見ない振りするべきなんだよね…。
そこにきて、進次郎さん…。何やってくれてるの…。
もう、これはどうしようもないね…。内閣支持率も確実に下がるし、2020年早々に、解散総選挙することになりそう…。ただ、選挙したところで、自民党が勝つんだよな…。そうなると、税金の無駄遣いだってことに早く国民気づけよ…。というか、マスコミに踊らされていることを気付くべきだね…。ここが難しいんだけど、国民が気付いたところで、安部さんは解散するって言っちゃうし、どうすることが正解なのかな…。どんなにマスコミ調べの信憑性の薄い内閣支持率が下がっても、安部さんは信念をもって政策を進めるべきなんだと思うけどね。偉そうなこと言ってるけど、そうしないと、いろいろな法案の審議が進まないよ…。だから、内閣はいらん事を言わない様に、マスコミをどうにかしないといけないんだよね…。これ、非常に危ない発言なんだけど、報道の自由ってやつを侵しかねないから、簡単に言ってはいけないけど。もう一度、皆さんよく考えよう…。

-解説付き
-,

Copyright© 裏パチ速報 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.