元開発者が作ったパチンコ・スロットのまとめサイト

裏パチ速報


まとめ

危機に強い!「キャッシュリッチな会社」ランキングが公開だっ!!!

投稿日:

 緊急事態宣言に伴う外出自粛、訪日外国人客の急減、米中など世界の工場の一時停止――新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、年初から企業活動に大きな打撃が加わっている。

こうした危機的な状況下で重要性が高まるのが、企業が保有する「キャッシュ」である。新型コロナの影響で売り上げが大きく減る中でも、買掛金などの営業債務や従業員の人件費など、固定的な支払いは継続する。また、コロナ後を見据えて攻めの投資に打って出るためにも、手元の資金がものを言うことになる。

■現預金と株が月商の何カ月分あるか? 

6月26日(金)に発売された『会社四季報』(2020年3集夏号)では、金融など一部業種を除く全上場企業を対象に、手元資金の潤沢さを計る指標となる「手元流動性比率」と「ネットキャッシュ」(いずれも直近決算期末時点)を算出。企業ごとにその数値を掲載している。

 「手元流動性比率」とは、保有する現預金に株など短期保有有価証券を加えた手元流動性が平均月商の何カ月分あるかの倍率を示し、基本的にはこの数値が大きいほど手元資金に余裕があることを示す。一方、「ネットキャッシュ」とは、手元流動性から有利子負債などを引いた額で、企業が自由に使えて、返済する必要のない手元資金を意味する。

 今回はこのうち「手元流動性比率の大きい企業」トップ50のランキングを掲載した。なお、研究開発主体のバイオベンチャーなど、平均月商が少ないことで手元流動性比率が高い数値となることもあるため、直近決算期の平均月商が10億円以上という条件を置いている。

cchd

 トップは中小企業向けの業務パッケージソフトなどを展開するオービックビジネスコンサルタント(OBC)だ。現預金に短期保有有価証券を加えた手元流動性は1067億円もあり、手元流動性比率は42.6カ月とおよそ3年半分で圧倒的である。手元資金が潤沢である一方、有利子負債はゼロとなっており、財務状況は良好。OBC株を33%保有する筆頭株主のオービックも13位にランクインしている。

 続く2位は手元流動性比率37.2カ月となったパチンコ製造大手のSANKYO。パチンコ業界では、顧客である店舗の臨時休業や設備投資意欲の低下など大きな影響が見られるものの、こうした厳しい状況への備えが従前からできていたと言えるだろう。

https://news.yahoo.co.jp/articles/6de28cf6cd46ac19ebd19d72f0717d25b4536433?page=1

やっぱりSANKYOは安定の強さだなwww
特許があるとかよく話にでるけど、実際はちゃんと機械を売ってるってのがデカいと思います…。

-まとめ

Copyright© 裏パチ速報 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.