元開発者が作ったパチンコ・スロットのまとめサイト

裏パチ速報


まとめ

キンコン西野の次は加藤浩次か 吉本退社ささやかれる大物芸人たち

投稿日:

 お笑いコンビ「キングコング」の西野亮廣(40)が吉本興業を電撃退社した波紋は広がるばかりだ。ここにきて「他の所属芸人にも影響が出るのでは」という見方が急浮上している。特に影響が出そうな芸人として、以前から吉本に批判的な態度を取っていた3人の名前があがっている。


 西野は先月27日、自身のツイッターに吉本社員とのLINEのやり取りを公開し、吉本や社員を糾弾した。これを機に事態は急変。退社することになったところ、当初の怒りはどこへやら、一転して西野は「円満退社」と強調しはじめた。

 1日には、情報番組「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)に生出演して事情を説明。一連のツイートの直後に辞めたことを「僕がダメだったところ」と反省の弁を述べた。

 だが、これを円満退社だと信じている関係者はほとんどいない。

「西野は、吉本のマネジャーが半年か1年ほどで代わってしまうことに問題があった、という発言をしていたが、あれだって西野が『代えてくれ』と言うから代えざるを得なかっただけ。そうしたことが積み重なった上、SNSでLINEをさらして会社批判をされたのでは、吉本の方も『じゃあ、契約を解除しよう』となったのだろう」(お笑い関係者)

 西野退社の影響は、ほかの所属芸人にとっても小さくないとみられている。

「西野はずっと吉本に批判的ではあったけど、それなりにうまく付き合いながら利用してきた。それが円満とは程遠い形での退社ですからね。西野ほどの商売上手でも吉本を思うように動かせなかったとなれば、同じように吉本に批判的なスタンスを持っている芸人も、今後はやりづらくなるのでは?」(前同)

 その芸人として名前が挙がっているのがエージェント契約を結んでいる3人だという。

「加藤浩次、友近、たむらけんじです。もともと吉本上層部は『ウチのやり方がイヤなら辞めればいい』というスタンスだったが、西野の一件でその姿勢が鮮明になった」(前同)

 2019年にいわゆる闇営業問題が勃発した際、吉本の上層部に最も批判的なコメントを残したのが加藤だった。自らがMCを務める朝の情報番組「スッキリ」(日本テレビ系)で、「いまの社長、会長の体制が続くのだったら、僕は吉本興業を辞めます!」とまで言い切った。

「加藤は結局、自身が提案したエージェント契約を結んで吉本に残留したが、吉本内部には『ああいう行動を許して良かったのか?』との意見は根強くある。吉本は当時〝ブラック企業〟と批判されていたから、なかなか強気に出られなかったけど、今後また批判的な言動があれば、遠慮なく契約解除に踏み切るのでは」(テレビ局関係者)

 友近は、西野よりも前にマネジャーへの〝パワハラ疑惑〟が報じられており、たむけんもことあるごとに会社への不満をぶちまけてきた。

「友近がマネジャーに厳しい態度で接していたのは事実。西野と同様、これまでにマネジャーは何人も代わっているからね。たむけんは売れていない若手の意見を吸い上げて会社に意見することが多い。そういった点を上層部は疎ましく見ているようだ」(同)

 西野の電撃退社は、他の人気芸人にも影響するかもしれない。

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2700837/

-まとめ

Copyright© 裏パチ速報 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.