元開発者が作ったパチンコ・スロットのまとめサイト

裏パチ速報


まとめ

「メンタリストなのにボロボロやんけ」DaiGoが連日の〝謝罪ラリー〟

投稿日:

 社会的弱者への差別発言で大炎上しているメンタリストのDaiGoが14日、再び謝罪した。

 路上生活者や生活保護受給者に対するヘイトで集中砲火を浴びたDaiGoは前日13日に謝罪動画を公開。「反省」という言葉を何度も繰り返したが、世間にはさほど響かず、鎮火には至らなかった。

 するとこの日、生活困窮者や生活保護受給者を支援する4団体が「メンタリストDaiGo氏のYouTubeにおけるヘイト発言を受けた緊急声明」を発表。謝罪動画について「他者を評価する基準を『頑張っている』(と自分から見える)かどうかに変えただけであり、他者の生きる権利について自分が判定できると考える傲岸さは変わりません」との見解を示し、再謝罪を要求した。

 これを受けてなのか、DaiGoは同日夜、公式ユーチューブチャンネルで生配信を実施。スーツに黒ネクタイという〝正装姿〟で画面に現れ、前日の謝罪を撤回。生活保護受給者の話を聞いたり、ブログを読むなどし「もし自分の母親が生活保護を受けていたら…」と考えたという。

 その上で「自分の大事な人の生きる価値を否定される状況になったら、当然(今回のような)そういう反応をするだろうな、と。本当にひどいことをしてしまった、と。大変申し訳ございませんでした」と深々と謝罪。

 生活保護を受給するシングルマザーのブログも読んだそうで「子供たちも、そういう目で見られる、と。『自分の母を傷つけてしまった』ぐらいの感覚で考え直しました。昨日の動画は僕が勝手に反省しているだけに過ぎず、謝罪になっていませんでした」と回想。

 続けて「ただでさえ苦しんでいる人たちに、さらに苦しみを与えてしまう行為だったと思います。何かから抜け出すために努力をしている人は評価されるべきだと普段から言っているにも関わらず、その可能性すら否定する自分の発言は差別的でヘイトスピーチでした。人として、あってはならない。本当に取り返しのつかないことをしてしまいました」と語るなど、反省しきりだった。

 問題の生配信を行ったのが7日。そこから世間や団体の反発を受け、この日までに計3回、ラリーをするかのように釈明・謝罪動画を公開した。ネット上では「めちゃくちゃ効いてる」「メンタリストなのにボロボロやんけ」「こうなるとわからなかったのか」など、DaiGoの〝本業〟への影響を心配する声も上がっている。

https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/3523156/

-まとめ

Copyright© 裏パチ速報 , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.